デュエル エクス マキナ

アスガルドでの戦い方講座。強固なユニットで粘り強く戦い、中盤以降の展開力で勝負を決めよう!

『デュエル エクス マキナ(DXM)』の初心者向け攻略記事。この記事では、アスガルドの戦い方やコンセプトについて解説していきます。(※2017/6/14更新)

2017/06/14 12:35
※2017/6/29(木)より「魔蝸牛 デーモンスネイル 」「百戦神 テュール 」に関する一部情報が古くなっている箇所があります。ご了承下さい。

アスガルドでの戦い方を紹介!

『デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)』の初心者向け攻略記事。

『デュエル エクス マキナ』におけるアスガルドは、耐久力に優れた勢力です。序盤を強固なユニットで守りきり、中盤以降の展開力で徐々にこっちのペースに引き込むスタイルを得意としています。また、5つの勢力の中でも、もっとも守備的なスタイルとなっており、初心者〜中級者向けのデッキになります。

この記事では、アスガルドの戦い方やコンセプトについて解説していきます。
目次
アスガルドの基本情報
アスガルドの基本的な考え方
アスガルドのガーディアンについて
ロキ
トール
フレイヤ
アスガルドの主要カード
序盤で役立つ守備的なカード
中盤以降の攻撃を担うカード
味方ユニットにバフをかけるカード
地形(氷河)を生かしたカード

アスガルドの基本情報

勢力基本地形 氷河
有利な勢力 オリンポスイズモ
不利な勢力 ルクソールトリニティ

アスガルドの基本的な考え方

アスガルドは、全体的にHPが高いユニット回復する手段が豊富なので、その利を活かして序盤は守備の体制を整えるのが基本。その後は、中盤以降の展開力を武器に徐々に相手を圧倒できるのが特徴です。

他の勢力と比べると勢力基本地形に紐づくスキルを持つユニットが多く、守備をしながらもフィールドには着々と氷河を増やしていくのも有り。一転して攻撃を仕掛ける時は、氷河がある分だけ有利にバトルを進めることができます。

しかしながら、効果的にAOEなどの除去を繰り返されると、攻め手を欠くことも多いので、相手の勢力やスタイルに応じて攻守のやり方も微妙に変えていくような臨機応変さも大事になります。護衛や鉄壁、回復を使い分けながらバトルを長引かせて、反撃のチャンスを狙っていきましょう。

アスガルドのガーディアンについて

ロキ

【氷の眼差し】地形がない自フィールド1マスを氷河にする

アスガルドでは地形によって効果を得られるユニットが多く、氷河に紐づくカードを軸としたデッキでは非常に使い勝手の良い能力です。マナが余った時は、忘れずにフィールドを氷河に変えていきましょう。

注意点としては、自フィールドを全て氷河にしてしまったら、使い道がなくなってしまうということ。同じく氷河を作る能力を持つ他のスペルやユニットとのバランス、使用するタイミングを見極めるのも重要です。

トール

【死戦士の召集】永却戦士エインヘリヤル(A1H1、氷河にいるときHP+1)を1体出す

1/1ユニットが出せる能力の為、攻守に小回りが利く汎用性の高い能力となります。氷河のマスに出せればHPが+1されるので、オリンポスのガーディアンであるハデスの能力だけで除去されることがなくなる為、速攻を仕掛ける相手に対しても効果的です。地形を変えるスペルやユニットと組み合わせることで、より守備的に戦っていきましょう。

フレイヤ

【慈愛】ユニット1体かガーディアン1人を1から2回復する

ユニットやガーディアンを直接回復できるので、耐久性に優れたアスガルドのコンセプトをさらに強化できる能力になります。ユニットがやられにくくなる為、序盤から中盤の安定感がさらに高まり、より粘り強いデッキに仕上がります。

しかしながら、ユニットが1撃で倒されたり、相手がガーディアンを攻撃してこないと序盤は使い道がなくなってしまいます。その場合、自ユニットが倒されず攻撃できる状況なら、攻撃後のユニットを効率よく回復させていきましょう。

また、回復することで効果を発揮するスキルを持つユニットとの相性が非常に良く、回復する回数が増えるほど、さらに回復以上のアドバンテージを得ることができます。

アスガルドの主要カード

序盤で役立つ守備的なカード

「療法手 シギュン」「スヴェアの交易商」「トロールの運搬人」など
回復HPを増やすユニットの相性は良く、強固な守りを形成するのには欠かせない組み合わせ。ニュートラルのカードとも合わせられる為、立ち回りにも安定感が出てきます。

コツとしては、「療法手 シギュン」や「スヴェアの交易商」などのフィールドにある限り効果を発揮し続けるユニットは、なるべく倒されたくないので、後列に配置するようにしたいところ。また、指定攻撃には弱いので、「トロールの運搬人」などの召喚時に効果を発揮するタイプのユニットもバランス良く組み合わせることができると良いでしょう。

▼関連カード
療法手 シギュン
スヴェアの交易商
トロールの運搬人
…etc

中盤以降の攻撃を担うカード

「雷電神 トール」「魔狼 フェンリル」「勝利の戦乙女 ブリュンヒルデ」など
中盤以降は、守備もこなしながらも相手のライフを削ったり、回復をしながらも攻撃をしかけたり、守りと攻めを同時に行えるユニットが豊富になってきます。上手くユニットが回れば多少のライフ差はものともしなくなるので、守備もより強固にしつつ、攻めの姿勢も見せていきましょう。

▼関連カード
雷電神 トール
魔狼 フェンリル
勝利の戦乙女 ブリュンヒルデ
…etc

味方ユニットにバフをかけるカード

「霊鹿 エイクスュルニル」「百戦神 テュール」「ミョルニルの掲揚」…etc
アスガルドにはHPの高い強固なユニットが多いのが特徴ですが、既に盤面にいる味方ユニットにバフをかけることで、さらに攻守に利いたユニットになります。効果的なタイミングで使うことで、相手が太刀打ちできないほどのバーストダメージを与えることもでき、一気に勝負を決めることが可能です。

しかしながら、盤面にユニットがいないと充分に効果を発揮しないので、相手のAOEや除去には気をつけたいところ。

▼関連カード
霊鹿 エイクスュルニル
百戦神 テュール
ミョルニルの掲揚
…etc

地形(氷河)を生かしたカード

「デーンの狩人」「ドワーフの戦士」「守護の戦乙女 ヘルヴォル」など
アスガルドは地形によりアドバンテージを得られるユニットが豊富です。序盤でフィールドに氷河を増やすことができていれば、中盤以降は氷河に紐づくユニットを使って相手を圧倒できます。

しかしながら、「デーンの狩人」「ドワーフの戦士」などの氷河で力を発揮するユニットのために、氷河を出すマス、その他のユニットの配置は慎重にしたいところ。また、氷河にいる自ユニットに効果を及ぼすユニットもあり、氷河に紐づく能力を持つユニットでも微妙に用途に違いがあるので、これらのユニットを最大限生かせる盤面作りを心がけましょう。

▼関連カード
デーンの狩人
ドワーフの戦士
守護の戦乙女 ヘルヴォル
…etc

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

DUELS X MACHINA Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル DUELS X MACHINA
(デュエル エクス マキナ)
ジャンル デジタルトレーディングカードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 iOS8以上(iPhone5以降)
Android4.0.3以上(RAM 2GB以上)
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金制)
公式サイト https://duelsxmachina.com/

デュエル エクス マキナ基本攻略

各勢力の特徴

初心者向けデッキ

勢力別おすすめカード

デュエルアリーナ攻略