デュエル エクス マキナ

【メシーカ対応】一方的な場面展開が魅力のイズモカードを紹介!エキスパンション別にラダーでの活躍が期待できるカードを厳選【定期更新】

『デュエル エクス マキナ(DXM)』にて、除去やコスパの良いユニットによる一方的な場面展開が魅力のイズモにておすすめのカードを紹介します。効果的にイズモカードを活用してラダーでの勝率を上げましょう!

2017/07/31 14:44
※本記事はDUELS X MACHINA Now編集部の独自の見解であり、『デュエル エクス マキナ』開発チームの公式見解をお伝えしているものではありません。

イズモのおすすめカードを紹介!

『デュエル エクス マキナ』のイズモは、相手ユニットを退かすことや、低マナアタッカーやガーディアンに攻撃するたびにスキルを発動させるユニットによって、一方的に盤面を取って攻撃することが得意です。
イズモの戦い方講座はこちら

この記事では、そんなイズモのおすすめカードをエキスパンション別に紹介します。
ぜひデッキ編成やカード生成などの参考にしてください。
目次
スタンダード、リワード、基本カード
【6】暴風神 スサノオ
【6】八頭蛇 ヤマタノオロチ
【4】占師 陰陽博士
【3】山妖 ウシオニ
【3】山岳神 コノハナサクヤ
【3】ゲンジの荒武者
【3】小狐丸の反撃
【3】忍者 くノ一
【2】美将 巴御前
【2】忍者 乱波
【2】天羽々斬の一閃
【2】鬼切の誘引
【1】怪異 ネコマタ
【1】ゲンジの傀儡女
【1】天狗隠し
【1】風魔手裏剣の投擲
カード
【3】戦鬼 茨木童子
【2】ゲンジの山師
【1】ゲンジの行商人
【まとめ】低レアリティの強力なカードを使いこなそう!
▼分からない単語があれば用語集でチェック!
『デュエル エクス マキナ』やTCGでよく使われる用語集を紹介

スタンダード、リワード、基本カードのおすすめカード

【6】暴風神 スサノオ

暴風神 スサノオ」は、縦列の相手全てに2ダメージを与えることができる6マナのユニット。

除去スキルは、相手の攻撃プランを崩して逆転を狙ったり、味方の攻撃を通して追い詰めたりなど非常に便利。その上、若干HPは低いものの本体も無視できない高めのATKを備えているため、強力な切り札と言えるカードです。

【6】八頭蛇 ヤマタノオロチ

八頭蛇 ヤマタノオロチ」は、ガーディアンへの直接ダメージ効果を持ったユニット。
手札の枚数が条件になりますが、イズモでは珍しい直接ダメージカードです。本体の攻撃的スタッツと合わせてエンドカードとなる存在ですね。
少々マナコストは重いですが、「天狗隠し」等で手札に戻し、再召喚するのも強力な動きです。

なお、最高でも3〜4ダメージ程度ですが、手札を溜め込みやすいコントロール系のデッキを相手にした方がダメージ効率が良くなります。
逆に言うと、手札消費の激しいアグロ系のデッキでは、ほとんどダメージを与えられないこともあるので注意。基本的に、ゲーム中盤以降で待っていれば相手の手札が増えることはそうそう無いので、効果ダメージ効率は気にせず、攻撃を通せそうな時に召喚してしまっても良いでしょう。

【4】占師 陰陽博士

占師 陰陽博士」は、相手ガーディアンへダメージを与えることでランダムな相手ユニットをバウンスできる4マナのユニット。

一見マナコストの割に低めのスタッツのようですが、スキルが強力なためATKはについては不問、HPについては環境に存在する多くの軽量除去カードでは2ダメージしか与えられないことから、意外と安定感があります。とは言っても、勢力によっては3点以上のダメージを与えるカードや、確定除去、速攻スキル持ちユニットによる戦闘破壊もあるので、勢力ごとのよく使われる除去カードについては気をつけておきましょう。

イズモには軽量除去カードや威圧スキル持ちユニットが多数あるので、1ターン生き残りさえすれば攻撃を通し、スキルを発動すること自体はさほど難しくないと言えます。1、2回発動できれば、そのまま試合を決められるほどのテンポを得ることができるので、全力でサポートしてあげましょう。

【3】山妖 ウシオニ

山妖 ウシオニ」は、ガーディアンへのダメージ効果と、山岳では隠密を得る効果を持ったユニット。

ATKは低いですが、イズモのユニット中ではHPが高めであり、長く生き残って効果ダメージを与えていきます。戦闘を介さずダメージを与えられるため、隠密も強力ですね。
山岳があればより強力ですが、基本スペックが高いため、あまり山岳を使わないデッキでも十分採用できます。

【3】山岳神 コノハナサクヤ

山岳神 コノハナサクヤ」は、山岳に召喚することでATKが上がって隠密を得られるユニット。

条件こそあるものの、コストに対して高いATKになり、隠密で単体除去カードでは破壊されにくくなる上、HPが高いのでAOEでも破壊されにくいユニットとなります。
そのため、相手としては戦闘で破壊するしか無いのですが、イズモは除去カードを多く持っているため、それも叶わず手のつけられない存在となるでしょう。

なお、3ターン目で山岳に召喚するのは難しいかもしれませんが、それでも低コストの除去カードでは破壊されにくいスタッツなので、思い切って召喚するのもありです。アメノウズメのガーディアンパワーなどで、後から山岳を形成できるのであれば狙ってみましょう。

【3】ゲンジの荒武者

ゲンジの荒武者」は、威圧スキルを持った3マナのユニット。召喚ターンは威圧で相手ユニットをどかして味方の攻撃を通し、次のターンは「ゲンジの荒武者」で相討ちをとることで、2回本命の攻撃を通すことが狙えます

なお、2/2/1で同じスキルを持った「ヤマトの金剛戦士」もいるので、合わせてデッキに採用しても良いでしょう。

【3】小狐丸の反撃

小狐丸の反撃」は、ユニットに4ダメージを与えられる3マナの除去スペル。自ガーディアンが2ダメージを受けてしまうというデメリットがあるものの、4マナ以上の格上ユニットを除去できる可能性もある強力なカードです。

【3】忍者 くノ一

忍者 くノ一」は、「怪異 コダマ」「八咫烏の急報」と並ぶ、イズモの強力なドローカードの1つ。3種類の中でも、ドローしながら相手ライフを攻められるのが魅力です。

占師 陰陽博士」と同じく、サポートカードを合わせればスキルの発動条件を満たすのは難しくありませんが、一方でネックとなるのは、軽量除去カードで簡単に倒されてしまうHPの低さ。相手が除去カードを使用した後やこちらが盤面をとった後など、安全なタイミングで召喚するか、相手に除去を“使わせた”と割り切ってしまうのも良いでしょう。

本人のマナコストがそこまで高くないため、序盤からユニットを展開できていれば、「忍者 くノ一」1枚が除去されたとしても、他のアタッカーユニットを守れたということで、それほど痛手にならないことも。

【2】美将 巴御前

美将 巴御前」は、移動能力とガーディアンへのダメージ時相手ユニットへ1ダメージ与える効果をもったユニット。超攻撃的なアタッカーです。

移動能力や、イズモお得意の除去カードを合わせれば、戦闘を避けながらどんどん相手ガーディアンへ攻撃を通すことができます。
しかしながら、あらゆる除去カードはおろか、ハデスのガーディアンパワーによっても簡単に除去されてしまうHPの低さが大きな弱点。単体では非常に高スペックですが、得手不得手がはっきりと出てしまうカードです。

【2】忍者 乱波

忍者 乱波」は、縦列へのダメージスキルを持った2マナのユニット。相手の壁ユニットを除去したり、アタッカーを排除したりと、序盤からテンポをとって攻めていくことができます。

1ターン目に召喚したユニットの攻撃を通すために使えれば最高の展開。何より、本体が2/1のユニットであるため、スキルが生かせなくてもアタッカーとして召喚できる汎用性の高さが魅力でしょう。

【2】天羽々斬の一閃

天羽々斬の一閃」は、縦列の時ユニットを強化するスペル。
相討ち等で相手の壁ユニットを突破するのに使うこともありますが、基本はガーディアンへの大ダメージ狙いで発動します。アグロ系のデッキでは、2マナで4ダメージは破格の効率ですね。

なお、ユニットを同じ縦列に並べるというのは、一部のAoEカードに対してリスクがあります。また、そうでなくても、戦略上陣形を維持し続けるのは難しいこともあるので、このカードは上手く決まる時に発動しておくのが吉でしょう。

【2】鬼切の誘引

鬼切の誘引」は、ユニットをバウンスする2マナの実質除去スペル。そのマナコストの軽さゆえに、こちらのユニットを展開しながら相手ユニットをどかすなど、攻撃の補助となる強力なカードです。

しかし、あくまで“手札に戻す”だけなので、次のターン再び召喚されてしまうという欠点もあります。なるべくマナコストの重いユニットをバウンスするなど、大きなテンポを取れる時か、前述した「占師 陰陽博士」「忍者 くノ一」などのスキル発動を狙える時に使うと良いでしょう。

なお、自分のユニットをバウンスすることもできます。威圧や「忍者 乱波」などの除去スキルを再利用できるということも覚えておきましょう。

【1】怪異 ネコマタ

怪異 ネコマタ」は、「ゲンジの傀儡女」と並ぶ、イズモ1マナアタッカーの双璧。こちらは、攻撃している時に限り、特にサポートが必要なくATKが上昇するところが魅力で、イシスのガーディアンパワーのようなATKを下げる効果にも耐性があります。

なお、上昇値は1〜2でランダムなので、相手ガーディアンを攻撃するときはいいですが、相討ちを狙うときは注意しましょう。

【1】ゲンジの傀儡女

ゲンジの傀儡女」は、自分がスペルを使うたびにATKが上がっていく1マナのユニット。1マナ1/2なだけでも強力なユニットであると言え、ハデスのガーディアンパワーや「大蜘蛛 アナンシ」などにも倒されないところはアタッカーとして安定感があります。

イズモには優秀なスペルが多いため、特に意識しなくてもどんどんATKが上がっていくことでしょう。1マナのアタッカーとしては破格の性能です。

【1】天狗隠し

天狗隠し」は、「鬼切の誘引」と並ぶイズモの軽量バウンススペル。

こちらは自分のユニットも戻す必要があり、バウンス対象もランダムですが、マナコストはより低くなっています。また、自分のユニットも戻すデメリットについても、「商工ギルドの武器屋」など、召喚時に発動するスキルを使いまわすなど、メリットに変えることもできます。

【1】風魔手裏剣の投擲

風魔手裏剣の投擲」は、相手ユニットに2ダメージを与える1マナの除去スペル。

短いシンプルなテキストにして、序盤中盤の攻めと守りを支える、超強力なカードです。特に、オリンポス、イズモなど、アグロ系のデッキを相手にするときは1ターン目から手札に引き込んでおきたいところ。

メシーカのおすすめカード

【3】戦鬼 茨木童子

戦鬼 茨木童子」は、おおよそコスト相応のスタッツを持ちながら、山岳に関係した効果を2つ持ったユニット。隠密で単体除去カード耐性を持ちながら、攻撃するたびに「鬼の下働き(2/1、破壊時、両ガーディアンに1から2ダメージを与える。)」を召喚する、展開力のあるカードです。

それほどマナコストの高くないカードですが、効果を生かすためには複数の山岳が必要なため、ガーディアンパワーや山岳生成カードを使うことを考えると結構なマナがかかります。また、「茨木童子」は隠密を持っているものの、ほとんどのAoEダメージで破壊されてしまう程度のHPしかありません。
一度でも効果を発動できればお得なので、相討ちになるのは仕方ない場面も多いですが、除去カードには気をつけて丁寧に生かしていきましょう。

【2】ゲンジの山師

ゲンジの山師」は、山岳に召喚時、ランダムなユニットに2ダメージを与えるユニット。

山岳の上に召喚しなければならず、対象は味方を巻き込む可能性すらあって、ATKは1しかありません。
それでも、2マナで2点のダメージ効率は強力で、そのおまけにユニットがついてくるのは非常に高性能。山岳に特化したデッキでは役立つカードです。

【1】ゲンジの行商人

ゲンジの行商人」は、イズモのスペルカードをデッキ外から手に入れられるユニット。

単純に、アドバンテージの損失が無い1/1/1のユニットということで、とりあえず召喚できる便利なカードです。「天狗隠し」で手札に戻す対象としても有能ですね。

ランダムにデッキ外から手に入るというところは運が絡みますが、イズモはスペルシナジーのあるカードも多いので、あらゆるイズモのデッキで使えるでしょう。

【まとめ】低レアリティの強力なカードを使いこなそう!

イズモは何よりも軽量除去カードが強力!現在の主流はアグロ、テンポ系の展開が早いデッキですが、効果がシンプルなため、どんなデッキ、環境でも活躍が期待できそうです。

また、比較的低レアリティに強力カードが多いというのも魅力で、デッキとしては少々プレイングが難しいですが、初心者でもカードが集めやすいと言えます。
あえて練習用にデッキを組んでも良いかもしれません。

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

DUELS X MACHINA Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル DUELS X MACHINA
(デュエル エクス マキナ)
ジャンル デジタルトレーディングカードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 iOS8以上(iPhone5以降)
Android4.0.3以上(RAM 2GB以上)
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金制)
公式サイト https://duelsxmachina.com/

デュエル エクス マキナ基本攻略

各勢力の特徴

デッキレシピ

勢力別おすすめカード