デュエル エクス マキナ

ルクソールでの戦い方講座。終盤重視でスペルが得意なコントロールタイプ!

『デュエル エクス マキナ(DXM)』の初心者向け攻略記事。この記事では、ルクソールの戦い方やコンセプトについて解説していきます。(※2017/6/14更新)

2017/06/14 12:36

ルクソールでの戦い方を紹介!

『デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)』の初心者向け攻略記事。

『デュエル エクス マキナ』におけるルクソールは、スペルカードや、それに関連したカードの扱いが得意な勢力で、強力な除去カードを多数持っています。5つの勢力の中でも特に長期戦に長けおり、自分のペースに持っていければ強いです。
しかし、コストの重たいカードが多く、小回りが利きにくくいという欠点もあるため、中上級者向けの勢力と言えるでしょう。

この記事では、ルクソールの戦い方やコンセプトについて解説していきます。
目次
ルクソールの基本情報
ルクソールの基本的な考え方
ルクソールのガーディアンについて
イシス
オシリス
アヌビス
ルクソールの主要カード
切り札級カード
除去スペル
スペルに関係したトリガースキルを持つユニット
地形(砂漠)を生かしたカード

ルクソールの基本情報

基本地形 砂漠
有利な勢力 トリニティアスガルド
不利な勢力 オリンポスイズモ

ルクソールの基本的な考え方

ルクソールは、除去や遅延、アドバンテージの獲得が得意な勢力で、終盤重視のコントロールが基本的なコンセプトです。
特に、小回りは利かないものの、確定除去や、全体除去で確実に厄介なユニットを退けるのが得意。スペル発動のトリガースキルを持ったユニットも多く、スペルの多いデッキになりやすいというのも特長です。

相手ユニットのATKを下げて遅延しつつ、全体除去で一気に盤面をひっくり返し、強力な制圧力を持ったユニットや、手札補充でアドバンテージ差をつけて相手を追い詰めていければ理想的な展開でしょう。

一方で、全体除去で一気に倒しきれなかった場合や、除去カードの引きがかみ合わなかった時など、盤面の物量で押し切られるのが苦手。他にも、継続的な回復手段が乏しいため、直接ライフにダメージを与えるスペルやガーディアンパワーにも弱いです。
多少のカードアドバンテージは捨てて、ドレインカードで延命することも重要です。

なお、相手の除去カードもそうですが、自分の全体除去カードで、主要ユニットを巻き込むこともあります。ある程度切り札や壁ユニットは小出しにし、相手の息切れを待ってからじわじわ展開、制圧できると良いでしょう。

ルクソールのガーディアンについて

イシス

【妖しき誘惑】ユニット1体のATKを-1する

ユニットを弱体化させ、無力化するガーディアンパワー。ユニット同士の戦闘で受ける被害を減らしたりATKを下げた相手ユニットをそのまま放置しておくことで、相手の展開を鈍らせることもできます。

特にデメリットもなく、相手がユニットを召喚するデッキである限りバトル後半でも使い道があって便利ですが、「封印」には注意が必要です。
特に「外科医 ベリザリオ」は、こちらが下げたATKを元に戻した上、そこからさらに2上昇させる天敵。ATKが0だからと安心しているところに思わぬ痛手を食らうこともあるので、ある程度相手の場にユニットが溜まってきた場合は、全体除去カードで一気に破壊してしまうと良いでしょう。

オシリス

【砂の泉】自分の場1マスを砂漠にする

勢力基本地形である砂漠を作り出すガーディアン。
砂漠に召喚することで能力を発揮するユニットや、フィールドの砂漠の数に応じて効果が変化するカードと相性が良いのが特徴です。砂漠に関連したユニットやスペルを多様したデッキ向きのガーディアン

ルクソールは長期戦に長けた勢力でもあるので、他のカードで時間稼ぎをしながら着実に砂漠マスを増やしていきましょう。

アヌビス

【魂呼び】自ガーディアンに1から2ダメージを与えて、カードを1枚引く

テンポ、ライフアドバンテージをハンドアドバンテージに変えるガーディアンパワー。
ライフに気をつければ直接的にアドバンテージを得られるため強力ではありますが、ルクソールは手札を溜め込む“待ち”の戦略や手札補充が得意であるため、手札制限※に注意が必要です。手札制限は8枚なので、次のターンのドローを考えると、手札は7枚までで調整しておくのが良いでしょう。

※手札制限を超えてドローしたカードは、手札に入らず破壊されてしまいます。

ルクソールの主要カード

切り札級カード

「大気神 アメン」「葬送神 アヌビス」「冥獣 アメミット」など
除去カードによって相手の勝ち筋を潰し、完封することも不可能では無いですが、多く場合切り札となるユニットで制圧する方が話が早いでしょう。
特に、「大気神 アメン」は除去と回復によって、逆転の要となることもある超強力カード。他にも「葬送神 アヌビス」「冥獣 アメミット」など、長く生き残ることでじわじわと追い詰めていくユニットが人気です。

いずれもHPが高いためブロッカーとしても安心感があり、ノーダメージであれば自分の使う「セクメトの殺戮」など、除去カード1枚では破壊されにくいのも魅力ですね。

▼関連カード
大気神 アメン
葬送神 アヌビス
冥獣 アメミット
…etc

除去スペル

「ホルスの栄光」「セクメトの殺戮」「ウアジェトの猛毒」など
ルクソールは除去スペルに長けた勢力で、全体除去の「ホルスの栄光」「セクメトの殺戮」や、確実に相手ユニットを除去する「ウアジェトの猛毒」など、効果が確実で信頼性が高いのが特徴。
他にも、ユニットのスタッツを下げる「ピラミッドの瘴気」、弱小ユニットに変えてしまう「ミイラの没薬」や、ATKを大幅に下げ無力化する「セルケトの息」など、やや変則的ですがコストの低い除去カード、デメリット持ちですが、うまく決まれば効果の大きい「マアトの審判」「レシェフの瘴霧」など、種類も豊富。

選択肢が多いが故、それぞれ一長一短でもあるので、自分のデッキコンセプトや想定する相手、苦手なデッキなどを意識して最良のカードを選びましょう。

▼関連カード
ホルスの栄光
セクメトの殺戮
ウアジェトの猛毒
…etc

スペルに関係したトリガースキルを持つユニット

「蒼星神 イシス」「副葬人形 ウシャブティ」「メンネフェルの踊り子」など
ルクソールは、ストーリーモードでも入手できる「蒼星神 イシス」など、ドロー・手札補充カードが豊富。「シャイの賭け」「ハピの捧物」など、普通にドローするものもありますが、「副葬人形 ウシャブティ」「メンネフェルの踊り子」のようなスペルをサーチするものが人気です。

序盤はそれらのユニットを壁にしながら、スキルによって手に入れた除去カードでさらに相手の妨害をしていきましょう。

▼関連カード
蒼星神 イシス
副葬人形 ウシャブティ
メンネフェルの踊り子
…etc

地形(砂漠)を生かしたカード

「ソベクの怒り」「破壊神 セト」「ワセトの騎兵」など
ルクソールは、砂漠関係カードも切り札級のスペックを持った「ソベクの怒り」「破壊神 セト」、ブロッカー向けの「ワセトの騎兵」など、中・長期戦向けのものが多め。

地形戦略は、地形を変えるという手間がかかるため、準備完了まで時間が掛かるという欠点があります。しかし、ルクソールは長期戦に長けた勢力なので、準備をする時間を稼ぐことも難しくないでしょう。

▼関連カード
ソベクの怒り
破壊神 セト
ワセトの騎兵
…etc

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

DUELS X MACHINA Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル DUELS X MACHINA
(デュエル エクス マキナ)
ジャンル デジタルトレーディングカードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 iOS8以上(iPhone5以降)
Android4.0.3以上(RAM 2GB以上)
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金制)
公式サイト https://duelsxmachina.com/

デュエル エクス マキナ基本攻略

各勢力の特徴

初心者向けデッキ

勢力別おすすめカード

デュエルアリーナ攻略