デュエル エクス マキナ

デッキレシピを改造して強力なデッキを組もう!中級デッキレシピのテーマやプレイング、改善案をご紹介

『デュエル エクス マキナ(DXM)』の攻略情報!勢力ごとの中級デッキレシピのテーマや改善案、プレイングをご紹介!

2017/04/12 19:46

デッキレシピごとのテーマや改善案、プレイングをご紹介!

『デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)』の攻略情報!

ストーリーで手に入るカードを使って構築されている、中級デッキレシピ勢力ごとのコンセプトやプレイング、改善案をご紹介!
手持ちのカードでデッキを強化したい時や、カード生成の参考にしてみてください。

▼関連記事
カード生成の仕組み解説
目次
中級オリンポスのデッキレシピ
中級ルクソールのデッキレシピ
中級アスガルドのデッキレシピ
中級イズモのデッキレシピ
中級トリニティのデッキレシピ
まとめ

中級オリンポスのデッキレシピ

中級オリンポスのデッキコンセプト・プレイング

初級のオリンポスデッキでは、展開したユニットを強化しながら殴り勝つことがコンセプトでしたが、中級ではガーディアンがハデスに変わり、速攻デッキであるのは変わらないものの攻め方が若干変わっています。

こちらでは、速攻スキル持ったユニットが多数デッキに入っており、ガーディアンパワーで相手の壁ユニットを退けながらガンガン攻めていけるデッキです。
交換候補カード例
霊竜 オーラドラゴン ユニット召喚でスタッツが上昇するスキルは強力だが、マナコストが重たすぎるため、速攻戦略と噛み合わない。
スパルタの精兵 護衛スキル持ちでスタッツは高いが、速攻で攻める戦略とかみ合いにくい。
アテナのファランクス陣形 コンボ前提であり、活躍できる状況が限られるため。
放浪のサテュロス オリンポスにおいては、ケンタウロスの長弓兵という上位互換が存在。デッキの完成度をあげるのであれば入れ替えたいカード。
殺人魚 キラーフィッシュ オリンポスにおいては、アテナイの海兵という上位互換が存在。デッキの完成度をあげるのであれば入れ替えたいカード。
その他1枚挿しのカード デッキコンセプトを1つに定めるため、0枚か2枚のどちらかにしたい。
入れ替え候補カード例
カドモスの竜牙 除去や、直接ダメージだけでなく、様々なカードとコンボが期待できる。
サテュロスの短弓兵 様々なカードとのコンボで大ダメージを狙える。
コリントスの軍犬訓練士 カード1枚で多数のユニットを展開できる。
アマゾネスの尖兵 他カードとのコンボで強力なアタッカーとなる。
エルフの妖精使い カード1枚で多数のユニットを展開できる。
アテナイの海兵 低マナでATKが高い。
その他1枚挿しのカード デッキコンセプトを1つに定めるため、0枚か2枚のどちらかにしたい。

中級ルクソールのデッキレシピ

中級ルクソールのデッキコンセプト・プレイング

スペルや壁ユニットによって序盤を耐え、後半に強力なカードで反撃するというコンセンプトは初級のデッキレシピと変わりません。
しかし、レシピのままのデッキの場合、切り札となるユニットは「暗黒蛇 アペプ」「蒼星神 イシス」の2体だけです。枚数が少ないですが、どちらも長く生き残れば生き残るほど強いユニットなので、できればこちらの除去カードで場の脅威を退けた後など、安全な位置、タイミングで召喚しましょう。

他にもデッキ内に1枚差しのカードが多いですが、終盤重視のデッキは様々な相手に対応できるほうが良いため、機能を分ける戦略はありです。デッキ全体としては、“壁ユニットと除去カード、切り札の充実”させるよう強化していきましょう。
交換候補カード例
希望の啓示 回復効果とコンボできるわけでは無いため、活躍の機会は限られる。
商工ギルドの水売り 回復効果とコンボできるわけでは無いため、活躍の機会は限られる。
シャイの賭け あまり手札には困らないため、デメリットの方が痛い。
メンネフェルの魔弓兵 低マナで攻撃的なスキルがデッキと噛み合わない。
入れ替え候補カード例
大気神 アメン 全体除去、回復スキルを持った強力な切り札。
ファラオマスクの呪い 回復して仕切り直ししつつ、とどめにも使える。
葬送神 アヌビス 後続のユニットを召喚し続けられる強力な切り札。
セクメトの殺戮 超強力全体除去カード。
ミイラの呪術師 継続的に回復しつつダメージを与えられる。

中級アスガルドのデッキレシピ

中級アスガルドのデッキコンセプト・プレイング

中級のアスガルドではロキとフレイヤ2人のガーディアンが設定されています。どちらも大まかに言って、スタッツの高いユニットを展開し、中盤以降に有利を確立していくという点は変わりませんが、ガーディアンパワーの違いにより、デッキに入れたいカードは異なります。
コンセプトを両立させても良いのですが、基本的にはそれぞれの強みを最大限生かせるようデッキのカードやプレイングを変えたほうが良いでしょう。

ロキを使うのであれば、ロキのガーディアンパワーは氷河を作り出すものなので、氷河で強化されるユニットを中心にデッキを組むのがおすすめ。氷河に関係したカードは数が限られるので、ここでは割愛します。

フレイヤであれば、ダメージを受けたり、HPを回復することでスキルが発動したりするユニットをデッキに入れたいところです。氷河に縛られない分、選択肢の幅は広くなりますが、それだけカードの選択は難しくなります。
今回はこちらをご紹介します。

▼関連記事
アスガルドでの戦い方講座
交換カード例
ドワーフの戦士 氷河を生み出すカードがデッキに無いためスキルを生かせない。
希望の啓示 ガーディアンパワーで継続的な回復ができるため不要。
商工ギルドの水売り ガーディアンパワーで継続的な回復ができるため不要。
デーンの狩人 氷河を生み出すカードがデッキに無いためスキルを生かせない。
エイルの癒し ただライフを回復するだけでは勝てない。
殺人蜂キラービー なんのスキルも持たないユニットなので、他に強いユニットと入れ替えたい。
ピクシーの踊り子 回復量が少なく、壁としても中途半端。

入れ替えカード例

魔狼 フェンリル 自己回復しながら相手ユニットにダメージを与えられるため、コンボ利用しても単体でも強力なフィニッシャー。
水晶術師 ジアー 強力なスキルを持ったフィニッシャー。
外科医 ベリザリオ 強力なスキルを持ったフィニッシャー。
大蛸 クラーケン ユニットを回復することで相手ユニットにダメージを与えられる。
伝書鴉 フギン ユニットを回復することでドローできる。
バルドルの閃光 強力な全体除去カード。

中級イズモのデッキレシピ

中級イズモのデッキコンセプト・プレイング

相手ユニットを退け、一方的に攻撃していくことを目指すというのは初級のデッキレシピと変わりませんが、相手への攻撃でスキル発動するユニットや除去カードが増え、よりコンセプトに特化したデッキになっています。

ガーディアンは、スサノオとツクヨミのどちらでも強力です。
スサノオであれば、貴重な直接ダメージスキルですので、こちらのユニットを除去されてしまった時などでも、とどめを刺しに行けます。
ツクヨミであれば、威圧スキルのように、相手ユニットを退けて攻撃を通せるので、直接デッキコンセプトに合致したスキルです。

プレイングとしては、ユニットの召喚位置に気をつけることが大事です。細かな状況判断は難しいですが、戦闘を避け、威圧スキル持ちユニットを生かすため、前列と中央列を避けて右端左端から重要なユニットを召喚しておくと良いでしょう。
除去カードも、相手の戦略の肝となるユニット以外、こちらの攻撃を遮っていないのであれば、除去せず取って置くのも手です。
交換カード例
怪狼 ワーグ そこまでユニットの数で押すデッキでは無いため、強化の恩恵を受けにくい。
ウルモルの歩哨 あまり展開しすぎてしまうと、相手ユニットを避けて攻撃するコンセプトに合わない。
ピクシーの歌い手 あまり前列にアタッカーを召喚しないため、スキルが活躍する機会が少ない。
ゲンジの白拍子 あまり前列にアタッカーを召喚しないため、スキルが活躍する機会が少ない。
入れ替えカード例
暴風神 スサノオ 除去スキルを持った強力なアタッカー。
占師 陰陽博士 相手への攻撃でスキルが発動するユニットとしては特にスキルが強力。
忍者 くノ一 相手への攻撃でドローできるため、継続して除去や後続を展開できる。
忍者 乱波 除去スキルを持った低マナアタッカー。
鬼切の誘引 低マナバウンススペル。
怪異 フウリ 低マナアタッカー。
天狗隠し 超軽量バウンススペル。ユニットスキルの使い回しや、召喚位置の変更にも。
ゲンジの傀儡女 低マナアタッカー。
怪異 ネコマタ 低マナアタッカー。

中級トリニティのデッキレシピ

中級トリニティのデッキコンセプト・プレイング

中級のトリニティも、初級のデッキレシピとテーマ、プレイングは変わりません。序盤からマナを増やし、大型ユニットを素早く召喚しましょう。

強化の方向性としてもシンプルに“強い高マナユニットを入れる”です。ここで紹介したカード以外でも、パックで当てた高レアリティカードを試してみても良いでしょう。
交換カード例
飛竜 ワイバーン 地形を破壊するスキルは、活躍の機会が限定的。
ジェノヴァの弩弓兵 草原を生み出すカードがデッキに無いためスキルを生かせない。
商工ギルドの水売り 回復量が小さく、活躍する機会が少ない。
雷鷲 サンダーバード トリニティにおいては聖堂領の格闘教官という上位互換が存在。デッキの完成度をあげるのであれば入れ替えたいカード。
入れ替えカード例
堕天使 ルシファー 相手への除去と味方の強化が両立した強力な切り札。
火竜 ウェルシュドラゴン 強力な相手前列への除去スキル。
水晶術師 ジアー 味方前列を大幅強化できるユニット。
ピクシーの王女 ターニア 単体で強力なユニット。味方を強化するカードとの相性も良い。
聖告の大天使 ガブリエル 中堅アタッカー兼後続の切り札をサーチ可能。
聖鳥 カラドリウス 序盤の壁兼マナ加速。

まとめ

中級デッキレシピのテーマやプレイング、改善案ご紹介してきましたが、あくまでこれは一例です。
『DXM』に慣れてきた人や、カードの集まってきた人は、自分のカードを組み合わせて最強のデッキを構築してみたください。デッキ投稿を参考にしてみるのも良いでしょう。

また、中級のデッキレシピはストーリーで手に入るカードが使用されています。デッキを強化するために、カード生成をするのであれば、ストーリーで手に入るカードではないかチェックしておきましょう。
▼関連記事
ストーリーで手に入るカードまとめ

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

DUELS X MACHINA Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル DUELS X MACHINA
(デュエル エクス マキナ)
ジャンル デジタルトレーディングカードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 iOS8以上(iPhone5以降)
Android4.0.3以上(RAM 2GB以上)
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金制)
公式サイト https://duelsxmachina.com/

デュエル エクス マキナ基本攻略

各勢力の特徴

初心者向けデッキ

勢力別おすすめカード

デュエルアリーナ攻略