デュエル エクス マキナ

全勢力に組み込めるニュートラルカードを紹介!コスト順にラダーでの活躍が期待できるカードを厳選!【定期更新】

『デュエル エクス マキナ(DXM)』にて、全勢力のデッキに組み込むことのできるニュートラルのおすすめカードを紹介します。効果的にニュートラルカードを活用してラダーでの勝率を上げましょう!

2017/05/22 15:25
※本記事はDUELS X MACHINA Now編集部の独自の見解であり、『デュエル エクス マキナ』開発チームの公式見解をお伝えしているものではありません。

全デッキで活用できるニュートラルのおすすめカードを紹介!

『デュエル エクス マキナ』には、オリンポスルクソールアスガルドイズモトリニティの5つの勢力が存在。カードにも勢力が設定されており、オリンポスならオリンポスのカード、ルクソールならルクソールのカードと組み立てていきます。

デッキには他勢力のカードは組み込むことはできませんが、各勢力のカードの他に、ニュートラルと言われるどの勢力にも属さないカードが存在しています。このカードは、全勢力のデッキに組み込むことのできるのが特徴です。

この記事では、そんなニュートラルのおすすめカードをコスト順に紹介します。
ぜひデッキ編成やカード生成などの参考にしてください。
目次
【10】人造獣 カオスキメラ
【7】水晶術師 ジアー
【7】外科医 ベリザリオ
【6】ピクシーの王女 ターニア
【5】離魂術師 サナム
【4】彷徨えるゴーレム
【4】エルフの獣使い
【2】エルフの地術士
【2】大蜘蛛 アナンシ
【2】憤猪 ラースボア
【1】魔蝸牛 デーモンスネイル
【まとめ】ニュートラルはデッキ強化の第一歩!
▼分からない単語があれば用語集でチェック!
『デュエル エクス マキナ』やTCGでよく使われる用語集を紹介

【10】人造獣 カオスキメラ

人造獣 カオスキメラ」は、10マナのユニット。マナが重たい分、速攻護衛鉄壁【1】威圧怨念の効果を持っています。マナ加速するデッキや、終盤重視のコントロール系のデッキで活躍しやすく、最後のひと押しとして採用されることの多いカードです。

ユニットとしてもかなり強固なので、2〜3ターン生き残ることができれば、盤面を制圧しやすくなります。護衛や鉄壁【1】は守備にも役立つので、終盤の消耗戦ではより安定した立ち回りができそうです。

【7】水晶術師 ジアー

水晶術師 ジアー」は、召喚される水晶の効果により、前列にいるユニットを大きく強化することができます。カードのスタッツ的は高くないので、単体で活躍は期待できません。その為、ジアーを召喚するまでに前列にユニットを配置しておくのが良いでしょう。

また、同じくニュートラルの「ピクシーの王女 ターニア」との相性が良いのも特徴。マナカーブ的にも6マナなので、上手くいけばターニアを召喚した次のターンにジアーを召喚して、フィールドを制圧できます。

【7】外科医 ベリザリオ

外科医 べリザリオ」は、7マナのユニット。全ユニットを封印する代わりにATKを+2する、非常に攻撃的なカードです。また、封印によるデメリットを受けないデッキ構成にしていれば、ATKを上げてくれるメリットしか残らない為、非常におすすめ。

また、相手ユニットのATKを下げて盤面をロックするルクソールに対しては、無類の強さを発揮するので、現環境では非常に使いどころの多いカードとなっています。

ストーリーの第2章「辺境奥地」の最終戦で獲得できるので、持ってないからと言って、カード生成を行うのはもったいないので注意しましょう。

▼関連記事
ストーリーモードの2章「辺境奥地」を攻略

【6】ピクシーの王女 ターニア

ピクシーの王女 ターニア」は、6マナのユニット。前衛後衛関係なしに、同じ横列に「ピクシーの従者 1/1」を2体出すことができるので、この1体だけで横のラインを全て埋めることができます。「離魂術師 サナム」と違い、後衛でも効果を発揮できるので、AoE(全体除去)でないと倒しにくいという特徴があります。

壁になるのはもちろんのこと、1体で3体召喚できるので、召喚がトリガーになったスキルを持つユニットとの相性が抜群です。

【5】離魂術師 サナム

離魂術師 サナム」は、5マナのユニット。前列に配置すれば、二重身を同じ横列にもう1体出すことができます。さらに本体にはATK+2、二重身にはHP+2される為、スタッツは実質6/6

また、1体で縦のラインを2つ作れることになるので、相手にカードを使わせるという意味でも非常に効果的です。攻められている時は、1体は壁役、もう1体はアタッカーとして使えるので、攻守にポテンシャルが高いカードになっています。

【4】彷徨えるゴーレム

彷徨えるゴーレム」は、デメリットはありながらも4マナで4/4の安定したスタッツを持つユニット攻撃的なデッキで採用するのがおすすめです。しかしながら、破壊時、左右の自ユニットに4ダメージ与えてしまうので、なるべく中央に配置しないように意識することが重要です。

威圧を持つユニットが多くあるイズモに対しては、簡単に中央にずらされる可能性があり、若干不安要素が拭えないので注意しましょう。

【4】エルフの獣使い

エルフの獣使い」は、4マナの2/3ユニット。召喚時、カードを1枚引くことができるので、中盤で手札が不足しがちなミッドレンジ系デッキに採用するのがおすすめです。

注意点としてはアグロ系のデッキだと、4マナのユニットは若干重たいということ。「エルフの獣使い」よりも攻撃を重視したカードを組み込むのが良いでしょう。

【2】エルフの地術士

エルフの地術士」は、2マナのユニット。召喚されたマスを勢力基本地形にすることができるので、「魔蝸牛 デーモンスネイル」により酸溜まりになったマスに配置しても、地形が上書きされる為、ダメージを受けません。

主に、海洋オリンポス氷河アスガルドなどの地形を生かしたデッキに組み込むのが良いでしょう。

【2】大蜘蛛 アナンシ

大蜘蛛 アナンシ」は、2マナの1/2ユニット。スタッツは低いものの、破壊時、カードを1枚引くことができるので、倒されてもデメリットがないのが特徴です。として非常に優秀なので、どのデッキにも組み込みやすいカードになっています。

【2】憤猪 ラースボア

憤猪 ラースボア」は、2マナの1/1ユニット。スタッツは低いものの、前列にいる時には速攻を持ち、召喚からターン終了時まで戦闘ではHPを1残して耐えることができます。その為、ユニットでありながら実質相手ユニットに1ダメージを与える除去カードとしても役立ちます。

【1】魔蝸牛 デーモンスネイル

魔蝸牛 デーモンスネイル」は、1マナで2/2のユニットとなっており、1マナユニットの中ではずば抜けた性能を誇ります。破壊時、酸溜まりにするデメリットはあるものの、マス自体を変化させるユニットやスペルを使えばそこまで気になるデメリットではありません。

さらに、被ダメージ時に能力を発揮するユニットの多いアスガルドでは、逆にメリットになることも多く、使い方さえ理解していれば非常に強いおすすめカードです。

【まとめ】ニュートラルはデッキ強化の第一歩!

ニュートラルは全勢力に組み込むことのできる汎用性の高いカードです。その為、ニュートラルのカードの特徴を良く理解していれば、全ての勢力で応用することができます。つまりニュートラルのカードを知ることは、デッキ強化の第一歩に繋がります!

ぜひこれらのおすすめカードを自身のデッキに組み込んで、より強いデッキを目指してみましょう。

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

DUELS X MACHINA Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル DUELS X MACHINA
(デュエル エクス マキナ)
ジャンル デジタルトレーディングカードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 iOS8以上(iPhone5以降)
Android4.0.3以上(RAM 2GB以上)
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金制)
公式サイト https://duelsxmachina.com/

デュエル エクス マキナ基本攻略

各勢力の特徴

デッキレシピ

勢力別おすすめカード