デュエル エクス マキナ

トリニティでの戦い方講座。相手より先に強力ユニットを展開するバトルスタイルで勝利を掴もう!

『デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)』の基本的な考え方・ガーディアン・各勢力の関係性について解説!今回は、大型ユニットの早出しが得意な勢力「トリニティ」を紹介します。(※2017/6/16更新)

2017/06/16 13:07

トリニティでの戦い方を紹介!

『デュエル エクス マキナ(DUELS X MACHINA)』の初心者向け攻略記事。

『デュエル エクス マキナ』におけるトリニティは、序盤にマナを加速させ相手より先に大型ユニットを召喚して制圧する勢力となっています。5つの勢力の中でも、単純で使いやすいスタイルなので、初心者にもおすすめです!

この記事では、トリニティの戦い方やコンセプトについて解説していきます。
目次
トリニティの基本情報
トリニティの基本的な考え方
トリニティのガーディアンについて
ミカエル
ガブリエル
ラファエル
トリニティの主要カード
マナ加速(ランプ)カード
切り札となるユニットカード
地形(草原)を活かしたカード
鉄壁を持ったユニット

トリニティの基本情報

勢力基本地形 草原
有利な勢力 アスガルドオリンポス
不利な勢力 ルクソールイズモ

トリニティの基本的な考え方

トリニティとは、序盤からマナが得られるカードが多く、その展開力で一気に攻め込む戦術に適した勢力です。立ち回りとしては、序盤にユニットやスペルを使いマナを増やし、中盤あたりで高コストのユニットを召喚していくという考え方が基本となります。
マナ加速関係のカードはレアリティも低く、大型をバンバン展開していく戦略は非常に素直で分かりやすいため、初心者にもおすすめです。

どちらかといえば、高マナカードについてはスペルよりユニットが強力な勢力で、ユニットスキルによる除去や、戦闘でアドバンテージを稼いでいくスタイル。バフスキルを持ったユニットも多く、スキル使用済みのユニットや、パッシブスキルを持ったユニットであっても、後々アタッカーとして再利用することもできるでしょう。

なお、最大マナの上限は10のため、相手も10マナまで到達してしまうと、こちらがマナ加速したアドバンテージが失われてしまいます。なるべくそれまでに優位を築けるのが目標となるでしょう。
他にも、マナ加速にカードを使う分、手札の消耗が激しいという欠点も。そのため、除去カード1枚で処理されてしまうと強みが生かせないということから、総じてコントロール系のデッキは苦手といえます。
やみくもに展開していくだけでなく、適度に相手に除去を使わせながら、本命は出し惜しみしていくプレイングも重要となるでしょう。

トリニティのガーディアンについて

ミカエル

【信仰の力】自ユニット1体のATKを+1する

自ユニットを永続的に強化するガーディアン。
ユニット展開との兼ね合いもありますが、バトル序盤であれば、護衛スキル持ちなど場持ちの良いユニットの攻撃力を上げるのが強力です。

一方後半マナが余り始めてからは積極的に発動したい場面も多くなってきます。終盤以降は役に立ちにくい小型・中型ユニットであっても、【信仰の力】で強化することで、他の大型モンスターと同じく無視できないアタッカーとして活躍できるようになるでしょう。

ガブリエル

【施しの心】『聖樹の雫』(残りマナを1増やす)を、デッキ外から1枚手札に加える

早いうちから大型ユニットを召喚したいトリニティの戦略と噛み合う、非常に分かりやすいガーディアン。
通常マナ加速カードを使うと、それ1枚分の手札損失がありますが、こちらはガーディアンパワーによるものなので、実質手札を減らさずジリ貧になりにくいというのが魅力です。

ラファエル

【緑の恩寵】自分の場1マスを草原にする

勢力基本地形である草原を作り出すガーディアン。
草原に出すことで能力を発揮するユニットや、フィールドの草原の数に応じて効果が変化するカードと相性が良いのが特徴です。草原に関連したユニットやスペルを多様したデッキ向きのガーディアン。

草原に関するカードもマナ加速関係のカードが多いので、より大型のユニットを召喚したい場合は「ラファエル」の方が適していると言えるでしょう(詳しくは「 トリニティの主要カード」で解説)。

トリニティの主要カード

マナ加速(ランプ)カード

「聖樹の枝」「聖樹の盃」「聖堂領の修道女」など
トリニティは、永続、一時的なマナ加速を得意とし、相手より早くマナコストの重いユニットを召喚することが可能な勢力です。
マナ加速カードの種類も多く、トリニティの基本的な戦略であると言えるでしょう。

また、11マナを超える規格外のカードも存在していて(最大マナの上限は10)、一時的なマナ加速カードを持つトリニティならではと言える派手な動きもできます。

▼関連カード
聖樹の枝
聖樹の杯
聖堂領の修道女
…etc

切り札となるユニットカード

「堕天使 ルシファー」「火竜 ウェルシュドラゴン」「人面獅子 マンティコア」など
トリニティで使われる切り札級の大型ユニットは、主に除去能力を持ったユニットが人気です。
相手がユニット召喚しないということはほぼないので、拮抗した場面や劣勢を打開したり、勝っている時でも相手の壁ユニットを除去したりと、多くの場面で強力

他にも、「堕天使 ルシファー」のような味方を強化するスキルを持ったユニットも種類が多いのがトリニティの特徴です。後述する鉄壁持ちのユニットやを多数採用する場合や、低マナユニットを多数展開するデッキであれば、そちらもおすすめ。

▼関連カード
堕天使 ルシファー
火竜 ウェルシュドラゴン
人面獅子 マンティコア
…etc

地形(草原)を活かしたカード

「聖堂領の神殿騎士」「ジェノヴァの弩弓兵」「ラファエルの恩寵」など
草原に関するカードもマナ加速関係のカードが多いです。
草原の数が多ければ多いほどカード1枚あたりで増えるマナの量が増える為、一気に大量のマナを得ることもできます。そのため、10マナ近くの、より大型のユニット召喚を狙うデッキであれば、草原を生かしたカードをデッキに採用した方が良いこともあるでしょう。

▼関連カード
聖堂領の神殿騎士
ジェノヴァの弩弓兵
ラファエルの恩寵
…etc

鉄壁を持ったユニット

「ロードスの聖騎士」「鉄腕騎士 ゲッツ」「聖堂領の格闘教官」など
受けるダメージを1減らすスキル「鉄壁」を持ったユニットが、トリニティには多め。
大きなダメージに対しては、HP1程度の価値にしかならないこともありますが、小さなダメージは完封できるため、序盤中盤を支える壁となります。

また、場持ちの良いスキルなので、バフ効果とも好相性です。大きく強化できれば、終盤まで活躍するユニットとなるでしょう。

▼関連カード
ロードスの聖騎士
・鉄腕騎士 ゲッツ
聖堂領の格闘教官
…etc

最新記事

記事をもっと見る

ログインしてデッキを作成しよう

DUELS X MACHINA Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル DUELS X MACHINA
(デュエル エクス マキナ)
ジャンル デジタルトレーディングカードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 iOS8以上(iPhone5以降)
Android4.0.3以上(RAM 2GB以上)
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金制)
公式サイト https://duelsxmachina.com/

デュエル エクス マキナ基本攻略

各勢力の特徴

初心者向けデッキ

勢力別おすすめカード

デュエルアリーナ攻略