デュエル エクス マキナ

「軍狼神 アレース(★5)」や「百戦神 テュール(★5)」など強力カードが登場!カード拡張セット「烈火の軍狼」新カード紹介!

『デュエル エクス マキナ(DXM)』にて、4月30日(日)に登場したカード拡張セット「烈火の軍狼」の新カード25枚の全てをご紹介します。

2017/05/02 13:19
※本記事はDUELS X MACHINA Now編集部の独自の見解であり、『デュエル エクス マキナ』開発チームの公式見解をお伝えしているものではありません。

カード拡張セット「烈火の軍狼」新カード紹介

『デュエル エクス マキナ』にて、4月30日(日)より、新カード拡張セット「烈火の軍狼」が登場!

本記事では、新登場したカード25枚の全てをご紹介します。「烈火の軍狼召喚チケット」や「マナコイン」のもらえるイベントも同時開催されているので、新カード情報をぜひチェックしましょう!
「烈火の軍狼」追加やイベントのお知らせはこちら
目次
オリンポス
軍狼神 アレース(★5)
戦女王 オトレーレー(★4)
勇健神 アイグレー(★3)
ルクソール
破壊神 セト(★5)
統一王 メネス(★4)
ホルスの隼(★3)
アスガルド
百戦神 テュール(★5)
激情の戦乙女 カーラ(★4)
療法手 シギュン(★3)
イズモ
雷剣神 タケミカヅチ(★5)
美将 巴御前(★4)
海魔 ウミボウズ(★3)
トリニティ
死天使 サリエル(★5)
鉄腕騎士 ゲッツ(★4)
水魔 ローレライ(★3)
ニュートラル
狩蜘蛛 キラースパイダー(★3)
大蝸牛 ジャイアントスネイル(★3)
ピクシーの灯守(★2)
憤猪 ラースボア(★2)
傭兵団の先鋒(★2)
大鹿 フォレストディア(★2)
鳥人 タンガタ・マヌ(★2)
エルフの薬草師(★2)
ウルモルの木こり(★2)
オイルの散布(★2)
▼分からない単語があれば用語集でチェック!
『デュエル エクス マキナ』やTCGでよく使われる用語集を紹介

「烈火の軍狼」オリンポスの新カード

軍狼神 アレース(★5)

軍狼神 アレース」は、3つの強力スキルを持った、「烈火の軍狼」オリンポスの新レジェンダリー(★5)カード。

相手ユニットを一方的に倒してアドバンテージを稼ぎながら、味方前列ユニットのATKを上げ、ダメージレースにも貢献することができます。もちろん相手の場が空いているのであればそのままフェイスを狙うのも良いでしょう。

スキル、マナカーブ的に、「離魂術師 サナム」と相性が良さそうですね。

戦女王 オトレーレー(★4)

戦女王 オトレーレー」は、同じ縦列へのスプリットダメージを与えることができる、「烈火の軍狼」オリンポスの新エピック(★4)カード。

継続的なダメージ源として、オリンポスには珍しいアドバンテージを獲得できそうなスキルです。相手ユニットを除去しながら、自身もアタッカーとして攻撃していけるATKを持っているため、相手の除去カードには気をつけたいところですね。

勇健神 アイグレー(★3)

勇健神 アイグレー」は、“戦闘ではHPを1残して耐える。”のスキルを付与する「烈火の軍狼」オリンポスの新レア(★3)カード。

おおよそマナコスト相応のスタッツを持ち、状況を選ぶものの、一方的に相手ユニットを倒してアドバンテージを獲得できるスキルです。
勇健神 アイグレー」本体のマナコストも低いので、速攻ユニットやガーディアンパワーと併用しやすいですね。

「烈火の軍狼」ルクソールの新カード

破壊神 セト(★5)

破壊神 セト」は、砂漠に紐付いた除去スキルと、両ガーディアンに継続的ダメージを与えるスキルを持った、ルクソールの新レジェンダリー(★5)カード。

どちらのスキルも攻撃的で強力ですが、自分へのダメージによって先に負けてしまわないよう、召喚タイミングには注意が必要です。

統一王 メネス(★4)

統一王 メネス」は、両ガーディアンに追加のドローと1ダメージを与える、ルクソールの新エピック(★4)カード。

低マナで、非常にユニークかつ攻撃的なスキルを持っています。
なお、相手のデッキ切れを狙う場合や、ダメージ目的以外では、相手が先にドローしてしまうという点には注意が必要です。

ホルスの隼(★3)

ホルスの隼」は、低マナで攻撃的なスキルを持った、ルクソールの新レア(★3)カード。

スキルで生み出される「収臓器 カノポス壺」のHPは1です。召喚ターンのうちに味方後列のATKが1のユニットですぐ破壊できれば効率よくダメージを与えられそうですね。

「烈火の軍狼」アスガルドの新カード

百戦神 テュール(★5)

百戦神 テュール」は、召喚時に対象と互いにダメージを与え、相手ユニットを除去しながら、味方を強化することのできるスキルを持った、アスガルドの新レジェンダリー(★5)カード。

軍狼神 アレース」と同じく、召喚ターンに除去と味方の強化を同時に行うことができます。
強化は永続でありながら、「百戦神 テュール」のHPが高いため複数回発動することも狙えそうです。

激情の戦乙女 カーラ(★4)

激情の戦乙女 カーラ」は、召喚時に1マス前の相手と互いにダメージを与えあい、氷河で強化される、アスガルドの新エピック(★4)カード。

もともと他の勢力より多かった勢力基本地形に紐付いたカードであり、氷河アスガルドに採用するカードの選択肢がさらに増えました。

療法手 シギュン(★3)

療法手 シギュン」は、継続的にガーディアンを回復するスキルを持った、アスガルドの新レア(★3)カード。

1回あたりの回復量は決して多くありませんが、HPのほうが高いスタッツのため、長く生き残ることで回復量を稼ぐことができそうです。

「烈火の軍狼」イズモの新カード

雷剣神 タケミカヅチ(★5)

雷剣神 タケミカヅチ」は、直接攻撃できるスキルと、ガーディアンへのダメージ時スキルを持った、イズモの新レジェンダリー(★5)カード。

2つのスキルが噛み合っており、ガーディアンにダメージを与えながら、同列の相手ユニットを封殺することができます。1度攻撃できれば戦闘では非常に有利になるので、除去カードには気をつけましょう。

美将 巴御前(★4)

美将 巴御前」は、配置移動と、ガーディアンへのダメージ時、ユニットへダメージを与えることが可能な、イズモの新エピック(★4)カード。

非常に攻撃的なスキルとスタッツを持っており、戦闘を回避してガーディアンを攻撃することができますが、HPが低いので除去カードには注意しましょう。

海魔 ウミボウズ(★3)

海魔 ウミボウズ」は、召喚時相手ユニットをバウンスするスキルを持った、イズモの新レア(★3)カード。

事実上前列のみしか対象に取れませんが、確定で相手ユニットを退けられるスキルを持ったユニットです。ツクヨミのガーディアンパワーも併用すれば、より味方の攻撃を通しやすくなるでしょう。

「烈火の軍狼」トリニティの新カード

死天使 サリエル(★5)

死天使 サリエル」は、両隣の味方ユニットを犠牲に自身を強化するスキル、他の見方ユニットが破壊されるたびに相手ユニットへ2ダメージを飛ばすスキルを持った、トリニティの新レジェンダリー(★5)カード。

味方ユニットを犠牲にしなければ非常にスタッツの低いユニットですが、そちらのスキルを使うときは、後半のスキルも併用することでアドバンテージの損失を補填したいところです。
また、同じく「烈火の軍狼」新追加カードである「水魔 ローレライ」など、破壊された時に発動するスキルを持ったユニットと相性が良さそうですね。

鉄腕騎士 ゲッツ(★4)

鉄腕騎士 ゲッツ」は、召喚時1マス前のユニットとダメージを与えあう、鉄壁を持ったトリニティの新エピック(★4)カード。

鉄壁を合わせれば、実質2/3の相手までは一方的な破壊ATK1の相手であればノーダメージで破壊することもできます。

水魔 ローレライ(★3)

水魔 ローレライ」は、破壊時、ランダムな同縦列の相手ユニットを道連れにするスキルを持ったトリニティの新レア(★3)カード。

いかにも破壊される前提といったスタッツのユニットですが、トリニティに貴重なダメージ等ではない確定除去カードです。また、ランダムではありますが、後衛にいる強力ユニットの破壊を狙えるカードでもあります。

「烈火の軍狼」ニュートラルの新カード

狩蜘蛛 キラースパイダー(★3)

狩蜘蛛 キラースパイダー」は、デメリットと引き換えに高いスタッツを持ったニュートラルの新レア(★3)カード。

ATK4は「彷徨えるゴーレム」など、格上のユニットとも相討ちを狙えますが、破壊時相手フィールドに召喚される「ピクシーの癒し手(1/2、ターン終了時、自ガーディアンを1回復する)」もなかなか無視できない存在になりそうです。

大蝸牛 ジャイアントスネイル(★3)

大蝸牛 ジャイアントスネイル」は、破壊時、自分と相手のフィールドに「酸溜まり」を作るニュートラルの新レア(★3)カード。

HPの高いユニットであるため、壁として使いながら、「酸溜まり」によって相手の展開を阻害したり、地形を塗り替えることが狙えそうですね。
自分フィールドに作られてしまう「酸溜まり」は「エルフの地術士」などで塗り替えてしまうか、「雷電神 トール」などで逆手に取ってしまうと良さそうです。

ピクシーの灯守(★2)

ピクシーの灯守」は、相手ガーディアンに直接攻撃をするスキルを持ったニュートラルの新コモン(★2)カード。

同列の相手ユニットを無視してガーディアンを攻撃するユニークな効果を持っていますが、逆に言うとユニットには攻撃できないという点には注意しましょう。

憤猪 ラースボア(★2)

憤猪 ラースボア」は、速攻を持った、召喚時はHPを1残して戦闘で耐えるニュートラルの新コモン(★2)カード。 実質、相手ユニットに1ダメージを与える1/1のユニットとして使えます。

傭兵団の先鋒(★2)

傭兵団の先鋒」は、召喚時に1マス前の相手とダメージを与えあうニュートラルの新コモン(★2)カード。

マナコスト相応に低いスタッツのため、そのままではATK1の相手しか一方的に破壊することはできません。しかし、ニュートラルのカードなので、勢力によっては3マナで最低2ダメージを与える除去カードとして採用できるかもしれません。

大鹿 フォレストディア(★2)

大鹿 フォレストディア」は、1マス前の自ユニットに一時的なバフを乗せるスキルを持ったニュートラルの新コモン(★2)カード。

同じスキルを持った「ピクシーの歌い手」と比べると、こちらはマナコストが増えたため、序盤中盤で速攻ユニット併用等とすることが難しくなりましたが、代わりに本体もアタッカーとして戦えるスタッツになりました。

鳥人 タンガタ・マヌ(★2)

鳥人 タンガタ・マヌ」は、召喚時にランダムな同列の相手ユニットへ1ダメージを与えるスキルを持ったニュートラルの新コモン(★2)カード。

与えるダメージは決して大きくありませんが、うまく決まれば相手ユニットにとどめを刺したり、壁を退けてガーディアンへの攻撃を通すことができます。

エルフの薬草師(★2)

※2017.05.02 一部ゲーム内とは異なるカードを掲載していたため、画像、文章を差し替えました。誤解を招いたことをお詫びいたします。

エルフの薬草師」は、召喚時にガーディアンを回復するスキルを持ったニュートラルの新コモン(★2)カード。

ニュートラルの「聖鳥 シームルグ」、アスガルドの「ドワーフの炊事番」と似たスキルを持っていますが、こちらの方がややマナコストが軽く、その分スタッツも控えめになっています。

ウルモルの木こり(★2)

ウルモルの木こり」は、1マス前の相手ユニットを横に移動させるスキルを持ったニュートラルの新コモン(★2)カード。

一見威圧に似たスキルですが、こちらは1マス前限定です。ガーディアンを狙うのには不向きになりますが、前衛に守られていた後衛のユニットを狙うことなどができます。

そして、新たなウルモルユニットであることも見逃せないですね。

オイルの散布(★2)

オイルの散布」は、狙った1マスをデメリット地形、「オイル溜まり」に変えることができるニュートラルの新コモン(★2)カード。

オイル溜まり」は、“自ターン開始時、このマスにいるユニットに1ダメージを与え、横に1マス動かす。”の効果を持つため、実質1ダメージを与えるカードとしてだけでなく、確実に相手の地形を塗り替えるカードとしても使えます。

最新記事

記事をもっと見る
デッキ投稿キャンペーンを開催

ログインしてデッキを作成しよう

DUELS X MACHINA Nowではユーザーからのデッキ投稿を募集しています。Twitterアカウントでログインすると、デッキ投稿など様々な機能を利用できるようになります。

アカウント情報はユーザー認証に使用し自動で投稿されることはありません。
タイトル DUELS X MACHINA
(デュエル エクス マキナ)
ジャンル デジタルトレーディングカードゲーム
対応OS iOS/Android
対応端末 iOS8以上(iPhone5以降)
Android4.0.3以上(RAM 2GB以上)
※一部端末を除きます
価格 無料(アイテム課金制)
公式サイト https://duelsxmachina.com/

デュエル エクス マキナ基本攻略

各勢力の特徴

デッキレシピ

勢力別おすすめカード